美容やダイエットのためにホットヨガを習慣にしている方は少なくありませんが、脱毛の施術を受けた日は避けた方が良いです。近頃一般的に行われている医療レーザーやインテンスパルスライトなどの光を使った脱毛の施術は、強い熱エネルギーを持った光をムダ毛に照射して、ムダ毛に含まれているメラニン色素に吸収させることによって熱を発生させて毛根細胞にダメージを与えるメカニズムで行われています。お肌に強力な熱エネルギーが発生することになるため、ほとんどメラニン色素が含まれいない、お肌の方も多少影響を及ぼしています。

最もダメージを受けている毛穴の内部は、皮膚の細胞が損傷していることがあり、脱毛の施術を受けた後のお肌は大きいダメージを負っている状態であるということができます。そのようなお肌の状態でサウナに入ったりホットヨガをすると汗が損傷を受けている毛穴に入り込んで、お肌の表面にある雑菌が、汗と共に浸入することになります。

傷口に雑菌が浸入すると炎症を引き起こしてしまう可能性が高くなります。ホットヨガの後にたとえ身体を丁寧に洗って清潔な状態にしたとしても、毛穴に浸入した雑菌までは洗い流すことができません。炎症が悪化してしまうと膿が溜まって、大きいニキビのような吹き出物が発生してしまいます。

この吹き出物は毛嚢炎といいお肌トラブルの代表的な症状となります。脱毛の施術を受けた日は、できるだけ刺激を与えないようにして、しっかり保湿ケアを施して、安静にする必要があります。